fc2ブログ

ホームエネルギーサーバー CP-S300E

null
計画停電の備えに「ホームエネルギーサーバー CP-S300E」を導入しました。

容量300Whで300W以内の機器が使用できます。具体的には、ラジオ(10Wの場合)約25時間、固定電話(5Wの場合)約50時間、ノートPC(50W~150Wの場合)約1.5~5時間、プラズマテレビ(40型以下)で150~300Wの場合、約0.5時間~約1.5時間などの説明があります。

大きさはミドルタワーのデスクトップPCくらいで、デスクの下に置いてもそんなに邪魔になりません。重さは約12kgありますが、しっかりした持ち手が前後二か所にあるので持ち運びにも配慮されています。

実は、夏の計画停電があった時にUPSを導入しようかと検討したのですが、低価格のものだと数分~数十分程度しか電力供給ができないことが分かり断念、あくまで安全にPCをシャットダウンする為のものですよね。数百万円するような業務用の非常用電源もありましたが、個人ではとても買えいないし置き場所も困るなあと思っていたところ、このような手が届く商品が発売されて良かったです。

停電時にノートPC「VAIO SB」とホームエネルギーサーバーから給電した外部モニターを接続して作業できればと考えています。現在使っている外部モニターは明るさを落とすと40Wくらいの消費電力なので、6時間くらい使えるでしょうか。15WくらいのLEDモニターに変えれば15時間くらい期待できそうです。

この冬計画停電があったとしてもそんなに長時間停電しないとは思いますが、電力のピークシフトに利用したり、災害に備えるという意味合いでおすすめです。定価で148,000円しますが高性能なバッテリーを使用していて10年間使えるそうなのでランニングコストは悪くないと思います。今後、補助金で10万円以下で買えるようになれば普及しそうですね。

more...

スポンサーサイト



iPad用ブラシの自作 その6

null
STAEDTLER 925 35-20に自作ブラシをセットした状態で使うキャップをproto labsのfirstcutサービスを利用して作ってみました!

proto labsは加工したい形状の3Dデータがあれば、WEBサイトで簡単に見積り依頼ができます。ただ、加工後の研磨や塗装などは対応していただけないようなので、デザイン試作用途というよりも機能試験用のパーツなどに活用されているようです。

※アクリルブロックを切削加工して作るので、送られてきた状態はツールの痕で白く曇っていたので、サンドペーパーをかけて少し磨きました。

null
使用時には外したキャップを無くさないようにノックボタンに嵌めておけます。

null
シャープペン本体に合わせてシンプルな形にしたので、こんな感じに立てて置くこともできますよん。

proto labsさんには、10個から1万ショットまでの小ロット生産ができるprotomoldというサービスも行っているので、オリジナルグッズの制作などに利用してみるのもいいかもしれません。

iPad用ブラシの自作 その5
iPad用ブラシの自作 その4
iPad用ブラシの自作 その3
iPad用ブラシの自作 その2
iPad用ブラシの自作

iPad用ブラシの自作 その5

null
工業用ブラシのオンラインショッピングで1個からオーダーできるブラシビレッジさんにiPad用ブラシをオーダーしてみました。

商品名は「パイプ筆φ2.4-L150-毛6-サンダーロン」で仕様はφ2.4mm×長さ150mmのステンレスパイプに導電毛材のサンダーロン毛先6mmになります。

価格はパイプ筆が1本2,400円、送料1,000円、代引き手数料300円の合計3,700円也。

送料と代引き手数料がかかるので、コスパは今一つですが、市販の静電タッチパネル用のペンに満足できない方は試してみる価値はあるかもしれません。尚、ブラシビレッジさんがiPad用ブラシとして販売しているものではありませんので、市販の商品とは違い保障や返品などの対応は出来ないと思われるのでご注意ください。

※iPadの画面にキズがつく可能性がないとは言えないので、試される方は自己責任でお願いします。
※画面保護フィルムを貼った状態での動作確認はしていません。画面保護フィルムを貼っている場合、ブラシが反応しない恐れがあります。

null
反応は良く、描き心地は滑らかでした!

null
ただ、STAEDTLER Mars technicoとSTAEDTLER 925 35-20には残念ながらセットできませんでした。ステンレスパイプの直径がノギスでの実測で2.45mm・・・工業製品には公差があるので仕方ありませんね、-側に振れていたら入っていたかもしれません。粗品用にまとめて注文しようと考えていましたが、こんなこともあろうかと念のため確認用に1本だけ作っといて良かったです。

null
ちなみにロットリングのリフィルの実測値は2.3mmで今回注文したものは0.15mm大きかったことになります。

null
まあ、ホルダーにセットしなくても使えますし、細くて軽いので持ち運びには便利かもしれませんね。

□リンク
・ブラシビレッジ


iPad用ブラシの自作 その4
iPad用ブラシの自作 その3
iPad用ブラシの自作 その2
iPad用ブラシの自作

iPad用ブラシの自作 その4

null
懲りずにiPad用ブラシの自作にはまっています(笑)

STAEDTLERの製図用シャープペンシルに2.0mm用のものがあったので、ボールペン用リフィルで自作したiPad用ブラシが使えないか試してみました。

※iPadの画面にキズがつく可能性がないとは言えないので、試される方は自己責任でお願いします。

null
スリーブ部(口金の先の細い部分)にはφ2.4mmのリフィルは通りませんでしたが、口金を外したら芯の繰り出し部分を通すことができました!

null
スリーブ部は口金にゴムのブッシュを介して圧入されている構造のようだったので、ラジオペンチでスリーブを取り外しました。スリーブが外れた口金はφ2.4mmのリフィルが通りそうです。

null
口金を戻して、ノックしながら自作したiPad用ブラシ差し込むと奥までスーと入りました!

null
ノックした状態でブラシをスライドさせれば、筆先を好みの長さに調整できます。持ち運ぶときは短くして、使うときは長めにセットすると視界の邪魔にならずに使えます。あと、アルミボディなのでどこを持ってもちゃんと反応します。

null
持ち運ぶ時は付属の簡易ケースに仕舞えば、とりあえずブラシの先端は保護されます。丁度良い市販キャップがあればいいのですが、この際キャップまで自作して完結させようかなと思案中・・・。

null
写真手前のSTAEDTLER Mars technicoは自宅用、奥のSTAEDTLER 925 35-20は外出用にして活用しようと思います。

iPad用ブラシの自作 その5
iPad用ブラシの自作 その3
iPad用ブラシの自作 その2
iPad用ブラシの自作

iPad用ブラシの自作 その3

null
共伸技研さんのブラシビレッジで送っていただいたサンプル毛材で前回はサンダーロン(0.08mm)というアクリル繊維に硫化銅を結合させた毛材を使ったので、今回はモノエイト(0.15mm)というナイロン66を主体としナイロン6及び導電性カーボンブラックを配合した毛材でiPad用ブラシを自作してみました。

※iPadの画面にキズがつく可能性がないとは言えないので、試される方は自己責任でお願いします。

null
今回はボールペンのリフィルを使いました。もしインクが残っていたらきれいに掃除してください。

null
サンプルで頂いた毛材が少し短かったので、つまようじを細く削ったものをリフィルに押し込んだ後、モノエイトを一杯になるまで詰め込みました。きつくなってきたら、机の上で根気よくトントンすると奥まで入って行きます。

null
こんな感じに揃いました。最後にカットするので、だいたいでいいでしょう。

null
ヤットコなどでリフィルの先を毛材が抜けないようにしっかりとつぶします。

null
毛材の先を今回は7mmにハサミでカットしました。あまり短くするとiPadで反応しなくなる可能性があるので切りすぎないように注意が必要です。

null
前回自作したサンダーロンとの比較。モノエイトの方が約2倍の太さなので腰があり、サンダーロンよりも筆先を押し付け気味にしないと反応しないですが、決して反応が悪いというのではなく、好みの分かれるところかもしれません。サンプルでφ5mmのパイプでブラシにしたもの(iPad用ブラシの自作 その2参照)とは全然描き心地が違うので、どちらも毛材もアリだなあと思いました。


iPad用ブラシの自作 その5
iPad用ブラシの自作 その4
iPad用ブラシの自作 その2
iPad用ブラシの自作


カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード